矢野健太郎のたわごとblog

漫画家、矢野健太郎のなんか書いてみるblog。主に雑記とか雑記とか雑記とか。だいたいそんな感じ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

偏執狂短編集Ⅲツイートまとめ(3日目以降)

Twitterでの発言、3日目とそれ以後をちょこちょこと。

矢野健太郎? @yanoja 6月2日23:44
キタ~ク!Voyantroupe 第三回本公演『Paranoia pepars 偏執狂短編集III』三日目“『黝』『赭』ぶっ通し”を観劇、からの~ お絵かき仲間のさくらさんとご飯食べつつ感想会。さらに買い物して帰ったらまたこんな時間に~(>ω<)

…全話連続で合計五時間半ってかなりキツイのではとビビってたけど、考えたら去年浦井くんの『ヘンリー四世』第一部第二部続けて観てたし、意外な事に今回のサンモールスタジオの椅子はとても座り心地が良くて、むしろ大劇場の椅子よりお尻が痛くなかった。おかげでリラックスしつつ集中して観れたよ!

…さてと、今夜は何書こう?まだ四日も残ってるからネタバレ書けないし…
それぞれ二度目観たことで気付いた点とかいっぱいあったんだけど、どれもまだ言うわけにいかない事ばっかで悩む~!
もうちょっと考えをまとめてから書こうっと。

…などと言いながらいろいろあって、ちゃんと書けないまま一日が過ぎ…

22:18 - 2017年6月3日
今頃公式サイトの「パラノイアパラメーター」に気付いて驚愕!『ウェスト夫妻』にもモデルあったのね!でも舞台を日本に変えただけでなく、原型留めないくらい全然違う話になってるぽいけどw ローズだから薔薇絵さんだったのかぁ(^_^;)

…ところで「ヨーゼフ・メンゲレ」でググるとね…実際の双子実験で合体手術された被験者の写真が出てくるんだよね…。(さすがにWikipedeliaには無いよ)あくまでお話はお話として楽しんでおきたいなら見ない方がいいと思うよ…。

5:40 - 2017年6月4日
…6月2日の「ぶっ通し」観た後で感想書くつもりだったけど、すでに3日も終わってもはや4日の朝。鮮度は落ちちゃったけどちょっとだけ追加で思ったこと書くね。

1日の『赭-SOHO-の章』の初日で「え?何故ここで笑う?」みたいなタイミングで笑いが起きたのに戸惑った事を書いたけど、2日の公演ではそんな事もなく違和感なく観れた。だがその2日でさえ「何故ここで?」を感じられた方がいたようなので、ちょっと考えてしまった。(続

…私の感覚では、例えばジルがマリーに「うるさい!ちょっと黙ってろ!」のとこは、前フリからのギャップで笑っても不思議はないとは思うのだけど、マリーの述懐に感情移入してたら「可哀想」の気持ちのが強くて笑えない。「何をやっとるんだお前は」まで来てようやく自然に笑ってしまう…という感じ(続

…2日の客席もほぼそういう反応だったので安心できたのだけど、その一方、「本来笑うべきではないシーンで客席で笑いが起こることで作中の狂気が共有され舞台と観客が一体となり偏執狂の世界が完成する」という意見もあって、むしろ安心できない方が正解なのか?という疑問も。(続

…そもそも「恐怖と笑いは紙一重」と言われるように、ホラー映画なんかでもあまりにもエグいと怖いのを通り越して笑えてしまうのは良くあること。常軌を逸脱しすぎたグロさ不快さがねじれて笑いに転じてしまう筒井康隆の小説のように。…これは「笑いは緊張と緩和」というセオリー内で説明できる。(続

…要するに、真面目な文脈がズレることでそれまでの緊張が緩和された落差でつい笑ってしまうわけだから先の例で言えば「うるさい!」のタイミングで笑うのは一応理屈に合ってる用に思える。だがそれとは似て非なる「緊張“の”緩和」という視点があって(続

…高まりすぎた緊張に脳が耐えきれなくなった時、ムリヤリ緩和させるための生理的反応で笑いが起きる。というケース。これが「場違いな笑い」を生むわけだが、これって言わば「プチ狂気」であり、例えばグロ耐性の低い人ほど早いうちからキャパオーバーになって笑い出してしまうのではないか?(続

…だとしたら、予期しないタイミングで笑われてもそれで白けるより、むしろそのプチ狂気に感染してしまう方が楽しめるのでは?…でもそれでは作品が訴えたいテーマを受け取れなくなるのでは?…みたいな事をモヤモヤしながら考えてたわけ。まあ正解とか出す筋合いの問題ではないのだろうけど。

…しまった!読み返したら矛盾発見(>ω<)「恐怖と笑いは紙一重」のとこって“真面目な文脈がズレる”「緊張と緩和」セオリーじゃなくて“キャパオーバーで笑ってしまう”「緊張“の”緩和」の方だわ。いや、ここの例示が間違ってただけで総合しての論旨は変わらないんだけど(^_^;)

…なんか笑いのタイミングにめっちゃこだわっててすでに感想じゃ無いw

2017年6月4日
昨日はずっと仕事場にこもって今日の昼の打ち合わせの準備。連日観劇にコンサートにと動いてたから出掛けたくてウズウズ。偏執狂Ⅲが完売してなかったら当日券で飛び込んでたかも。(注:キャンセル待ちで当日券少々あった模様(´;ω;`))
昨日のみなさんの感想ツイート読んでたら各シーンが目の前に走馬灯のように浮かんでは消えてヤバい(続

…やはり圧巻なのはエルジェーベトの、最後にすっと立って浮かべた完璧な微笑。ヤノシュの「嘘だよ!」の顔もイイ。フィレンツォの「保て」はなんか真似したくなる。 落ちぶれた方のジルの微妙にダサカッコイイ変な決めポーズも好き、パパ大好きっ子マリーの元気いっぱいでけなげな空回りも。(続

…グダグダの罵り合い殴り合いの中一人痙攣しながらイキまくるポリも見える。ヒムラーとメンゲレのシュールな漫才、いろいろヘンなのに気品有りすぎ人妻エレン、…ジャンヌとジルの一瞬の心の触れ合い、からの「きみのせいだ!」思惑が外れて引きつりながらも余裕のポーズを保つボーペル、…あれ?(続

…なんか微妙に思い出すポイントがおかしい気もするな。今見えるのはあれだ。物語と関係なく現れて踊り狂うラテンダンサー北沢Jマイケルと、なんか一瞬現れていつの間にか退場したんで唯一生き残ったぽい上北沢くん。あれほんとなんだったの?…ってもー!こんなん書いてたら観たくなるばかりやん(続

…等々、だらだらとツイートする一方で実は、2日めで出会った作家さんとメールで感想や考察のやりとりをしてまして、これがけっこうなボリューム。埋もれさせるのにはもったいないので、その内容を抽出してまとめてみたいと思います。
(続く)
スポンサーサイト
  1. 2017/06/18(日) 20:47:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 偏執狂短編集Ⅲツイートまとめ(2日目)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yanoken.blog42.fc2.com/tb.php/61-fcfc46a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ついったー

プロフィール

やのけん

Author:やのけん
ようこそ!
漫画家やってます。
詳しくは本人公式HP
ARMPIT CARE
で。…と、言いたいとこですが、あっちはずっと放置の上、更新の仕方がわかんなくなってますんで、近いうちになんとかしたいと思いますが…(T_T)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

アフィリとかいろいろ

FC2動画 無料・レンタル・掲示板

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。