矢野健太郎のたわごとblog

漫画家、矢野健太郎のなんか書いてみるblog。主に雑記とか雑記とか雑記とか。だいたいそんな感じ。

偏執狂短編集Ⅲツイートまとめ(初日)

ブログで感想とか書く…と言っておきながら、いろいろあってめっちゃ遅くなっちゃって今更感が凄いけど、せっかく覚書とかいっぱい書きためてあったからなんとかまとめてみますね。
まずはTwitterでの発言、初日分から。

矢野健太郎? @yanoja 5月31日23:37
キタ~ク!Voyantroupe 第三回本公演『Paranoia pepars 偏執狂短編集III』初日『黝-AOGURO-の章』(長いわw)観劇してからご飯食べて帰ったらもうこんな時間。めっちゃ楽しんだけど疲れたー!__/、冫、)_バタンキュー

…事前情報の時点であれですもの。覚悟完了して観に行ったんだけど、「これは酷い(いい意味で)」とか「マジキチ(褒め言葉)」とか言いたくなる、素晴らしく狂った舞台でした。2話目までは。…が、3話目のヘビーさは凄まじかった。あの最後の呪いの絶叫がリアルとシンクロしてたまらなく辛かった。

…1話目『メンゲレとグレーゼで』、あの『ムカデ人間』のせいでヘンな方向にも有名なヨーゼフ・メンゲレと彼の実験をまさかのぶっ飛んだ新解釈でコミカルに、でも当然グロく描いて、時々クスッとなりながらもどんどん嫌な汗をかきつつ凝視してしまう。惜しげもなく晒される美しい肢体にもエロスよりタナトスを感じてしまい(続

…自分の脳味噌が冷えた状態で見ている感じだった。そう言えば、冒頭の氷点下実験のシーンから漂っていた冷気に、ラブクラフトの『冷気』のイメージが重なって(私だけ?)妙にホラーぽく感じたけどゾクゾクしたのは劇場内の冷房が強く効いてたせいか。あと、まさか先日ツイートしたばっかりの(続

…あのミュージカルのダークなパロディ見せられるとは思わなかった。それにしてもあの双子の…うう、これ以上言えない(´;ω;`)
そしてあの「未亡人」にも度肝を抜かれた。上品な大人の女性の立居振舞、瞳に宿した狂気、唇に貼り付いた邪悪な笑み、思わず迸った喪失の悲しみと怒りの激情…と(続

…あんたほんまに16歳か!と中の人にツッコミ入れたくなるくらいの見事な存在感とキャラ立ち!毎度驚かせてくれます。はるかぜちゃん。ただ、メインの芝居が進行中に舞台の中央や端でじっと静止している場面が多くて、あれは普通に芝居するより体力的にキツイんじゃなかろうかと心配になったり。(続


…2話目『ウェスト夫妻の偏り尽くした愛情』は重苦しい1話とは打って変わって現代日本のニュータウンが舞台。引っ越してきた新婚夫婦の歓迎パーティーが阿鼻叫喚の地獄と化すサイコなスラップスティック(スプラッター…にはならなかった~血しぶき的に~のが残念)ギャグ。ところで最初と最後だけ出てきたラテンなダンサーは何者w(続

…去年のマーメイドブーツでの凛々しい姿がウソのように、ブータレたりはっちゃけたり振幅の激しいサイコな薔薇絵さんを楽しそうに演じてた川添美和さん、明日の『赭』でのバートリ役はどんななんだろう。ワクワク。(続


…そして問題の3話目『ジャンヌダルク異端審問裁判』。処刑前、囚われの身のジャンヌ・ダルクの異端審問の日々の物語…というだけならさほどの目新しさは無い。実はあんなことやこんなことをされてた…てのもポルノ的にはありがちな展開。彼女を生贄にすることで手打ちを図った英仏の政治的駆け引き…という視点もそれだけなら(続

…歴史で普通に解説されている…が、その政治力学を、そして聖なる戦いの裏にあった汚れた真実を突きつけられ心身ともに壊されてゆくジャンヌが最後にたどり着いた境地は…。こんなのは見たこと無かった。見たくなかった。でも見てよかった。相反する思いが渦巻き未だに沈静化しない。凄い。(続

…ジャンヌ役の大森さつきさん、見てるうちにどんどん本当のフランス人に見えてきたんだけどジャンヌが憑依してた!? ボーペル役の平良和義さん、この前見た『死なないじゃん!』のタイラーの人だと楽しみにしてたら期待を上回る怪演、もうヤバすぎ独壇場。でも終盤で見せ…おっとネタバレ禁止(続

…んでもって、終演後のアフタートーク「作品の世界観を破壊する恐れがございますので」的な注意があった通りヒドかったw(褒め言葉)特に最後のジル・ド・レ田口真太郎さんの出オチ感がヒドい。アドリブ効かなくて単調な繰り返しになっちゃったみたいだけど逆にあれで全部持ってかれて大団円w(続

…ジル・ド・レと言えば、ジャンヌとはあんなことになっちゃったから、あのあと人格歪んで次の第1話『ジル・ド・レと黒魔術』になるのだろうけど、役者さん違うんだよね。切り離して別な世界線で見るようにってことなのかな?『赭-SOHO-の章』もとても楽しみ!

…さて、31日は大阪ではミュージカル『王家の紋章』大千穐楽だったわけで、そちらのネタバレ解禁後の感想も書きたいとこだけど、さすがにそろそろ寝ないとヤバいので、また近日中にってことで~。(⌒0⌒)/~~

(2日目に続く)
スポンサーサイト
  1. 2017/06/18(日) 18:56:09|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<偏執狂短編集Ⅲツイートまとめ(2日目) | ホーム | Twitter版 キコ/qui-co. 『Lullaby』の覚え書き#0>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yanoken.blog42.fc2.com/tb.php/59-062e087d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ついったー

プロフィール

やのけん

Author:やのけん
ようこそ!
漫画家やってます。
詳しくは本人公式HP
ARMPIT CARE
で。…と、言いたいとこですが、あっちはずっと放置の上、更新の仕方がわかんなくなってますんで、近いうちになんとかしたいと思いますが…(T_T)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

アフィリとかいろいろ

FC2動画 無料・レンタル・掲示板

FC2カウンター