矢野健太郎のたわごとblog

漫画家、矢野健太郎のなんか書いてみるblog。主に雑記とか雑記とか雑記とか。だいたいそんな感じ。

偏執狂短編集Ⅲツイートまとめ(3日目以降)

Twitterでの発言、3日目とそれ以後をちょこちょこと。

矢野健太郎? @yanoja 6月2日23:44
キタ~ク!Voyantroupe 第三回本公演『Paranoia pepars 偏執狂短編集III』三日目“『黝』『赭』ぶっ通し”を観劇、からの~ お絵かき仲間のさくらさんとご飯食べつつ感想会。さらに買い物して帰ったらまたこんな時間に~(>ω<)

…全話連続で合計五時間半ってかなりキツイのではとビビってたけど、考えたら去年浦井くんの『ヘンリー四世』第一部第二部続けて観てたし、意外な事に今回のサンモールスタジオの椅子はとても座り心地が良くて、むしろ大劇場の椅子よりお尻が痛くなかった。おかげでリラックスしつつ集中して観れたよ!

…さてと、今夜は何書こう?まだ四日も残ってるからネタバレ書けないし…
それぞれ二度目観たことで気付いた点とかいっぱいあったんだけど、どれもまだ言うわけにいかない事ばっかで悩む~!
もうちょっと考えをまとめてから書こうっと。

…などと言いながらいろいろあって、ちゃんと書けないまま一日が過ぎ…

22:18 - 2017年6月3日
今頃公式サイトの「パラノイアパラメーター」に気付いて驚愕!『ウェスト夫妻』にもモデルあったのね!でも舞台を日本に変えただけでなく、原型留めないくらい全然違う話になってるぽいけどw ローズだから薔薇絵さんだったのかぁ(^_^;)

…ところで「ヨーゼフ・メンゲレ」でググるとね…実際の双子実験で合体手術された被験者の写真が出てくるんだよね…。(さすがにWikipedeliaには無いよ)あくまでお話はお話として楽しんでおきたいなら見ない方がいいと思うよ…。

5:40 - 2017年6月4日
…6月2日の「ぶっ通し」観た後で感想書くつもりだったけど、すでに3日も終わってもはや4日の朝。鮮度は落ちちゃったけどちょっとだけ追加で思ったこと書くね。

1日の『赭-SOHO-の章』の初日で「え?何故ここで笑う?」みたいなタイミングで笑いが起きたのに戸惑った事を書いたけど、2日の公演ではそんな事もなく違和感なく観れた。だがその2日でさえ「何故ここで?」を感じられた方がいたようなので、ちょっと考えてしまった。(続

…私の感覚では、例えばジルがマリーに「うるさい!ちょっと黙ってろ!」のとこは、前フリからのギャップで笑っても不思議はないとは思うのだけど、マリーの述懐に感情移入してたら「可哀想」の気持ちのが強くて笑えない。「何をやっとるんだお前は」まで来てようやく自然に笑ってしまう…という感じ(続

…2日の客席もほぼそういう反応だったので安心できたのだけど、その一方、「本来笑うべきではないシーンで客席で笑いが起こることで作中の狂気が共有され舞台と観客が一体となり偏執狂の世界が完成する」という意見もあって、むしろ安心できない方が正解なのか?という疑問も。(続

…そもそも「恐怖と笑いは紙一重」と言われるように、ホラー映画なんかでもあまりにもエグいと怖いのを通り越して笑えてしまうのは良くあること。常軌を逸脱しすぎたグロさ不快さがねじれて笑いに転じてしまう筒井康隆の小説のように。…これは「笑いは緊張と緩和」というセオリー内で説明できる。(続

…要するに、真面目な文脈がズレることでそれまでの緊張が緩和された落差でつい笑ってしまうわけだから先の例で言えば「うるさい!」のタイミングで笑うのは一応理屈に合ってる用に思える。だがそれとは似て非なる「緊張“の”緩和」という視点があって(続

…高まりすぎた緊張に脳が耐えきれなくなった時、ムリヤリ緩和させるための生理的反応で笑いが起きる。というケース。これが「場違いな笑い」を生むわけだが、これって言わば「プチ狂気」であり、例えばグロ耐性の低い人ほど早いうちからキャパオーバーになって笑い出してしまうのではないか?(続

…だとしたら、予期しないタイミングで笑われてもそれで白けるより、むしろそのプチ狂気に感染してしまう方が楽しめるのでは?…でもそれでは作品が訴えたいテーマを受け取れなくなるのでは?…みたいな事をモヤモヤしながら考えてたわけ。まあ正解とか出す筋合いの問題ではないのだろうけど。

…しまった!読み返したら矛盾発見(>ω<)「恐怖と笑いは紙一重」のとこって“真面目な文脈がズレる”「緊張と緩和」セオリーじゃなくて“キャパオーバーで笑ってしまう”「緊張“の”緩和」の方だわ。いや、ここの例示が間違ってただけで総合しての論旨は変わらないんだけど(^_^;)

…なんか笑いのタイミングにめっちゃこだわっててすでに感想じゃ無いw

2017年6月4日
昨日はずっと仕事場にこもって今日の昼の打ち合わせの準備。連日観劇にコンサートにと動いてたから出掛けたくてウズウズ。偏執狂Ⅲが完売してなかったら当日券で飛び込んでたかも。(注:キャンセル待ちで当日券少々あった模様(´;ω;`))
昨日のみなさんの感想ツイート読んでたら各シーンが目の前に走馬灯のように浮かんでは消えてヤバい(続

…やはり圧巻なのはエルジェーベトの、最後にすっと立って浮かべた完璧な微笑。ヤノシュの「嘘だよ!」の顔もイイ。フィレンツォの「保て」はなんか真似したくなる。 落ちぶれた方のジルの微妙にダサカッコイイ変な決めポーズも好き、パパ大好きっ子マリーの元気いっぱいでけなげな空回りも。(続

…グダグダの罵り合い殴り合いの中一人痙攣しながらイキまくるポリも見える。ヒムラーとメンゲレのシュールな漫才、いろいろヘンなのに気品有りすぎ人妻エレン、…ジャンヌとジルの一瞬の心の触れ合い、からの「きみのせいだ!」思惑が外れて引きつりながらも余裕のポーズを保つボーペル、…あれ?(続

…なんか微妙に思い出すポイントがおかしい気もするな。今見えるのはあれだ。物語と関係なく現れて踊り狂うラテンダンサー北沢Jマイケルと、なんか一瞬現れていつの間にか退場したんで唯一生き残ったぽい上北沢くん。あれほんとなんだったの?…ってもー!こんなん書いてたら観たくなるばかりやん(続

…等々、だらだらとツイートする一方で実は、2日めで出会った作家さんとメールで感想や考察のやりとりをしてまして、これがけっこうなボリューム。埋もれさせるのにはもったいないので、その内容を抽出してまとめてみたいと思います。
(続く)
スポンサーサイト
  1. 2017/06/18(日) 20:47:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

偏執狂短編集Ⅲツイートまとめ(2日目)

Twitterでの発言、2日目 ピンク文字はネタバレ自粛で伏せ字にしてたとこね。

矢野健太郎? @yanoja 6月1日23:38
キタ~ク!『Voyantroupe 第三回本公演『Paranoia pepars 偏執狂短編集III』二日目『赭-SOHO-の章』の初日(やっぱ長いわw)観劇してからご飯食べ…ようと店を物色してたらなんと!知り合いのほぼ同業者の某先生から声かけられた!こんなん初めて!(>▽<)

…聞けばキコ qui-co.の「ラット13」の時から観てるそうで、俺よりはるかぜちゃん舞台歴長いやん!と軽く嫉妬w 今日も口内炎治ってなかったから喋りにくかったけど、食事しながら舞台の話から仕事の話、沢山お話しして来ちゃった(役者面会ではまた挨拶もそこそこに引き上げたというのに)

…つーとこで今夜の感想。あ、もう日が変わっちゃったか。
1話め『ジルドレと黒魔術』。昨日あんなこと書いたけど、マジで世界線やったんかーい!
なるほど、劇の上演による浪費と少年虐殺と黒魔術をそう組み合わせて動機をそこに据えたのか!史実とは時系列違うけどこれはドラマ的に説得力あるわ。そして娘の(続

…娘のマリーをこういうキャラクターに設定してそこに嵌め込むなんて、悔しいくらい上手い構成。そしてそのマリーを演じるはるかぜちゃんの生き生きとしてること!昨日の未亡人エレンの抑えた演技も見事だったけれど、この無邪気で残酷な少女のストレートな感情の発露は生命力に満ち溢れて見えた(続

…色が渋いからゴスロリじゃないのかもだけど、そんな感じの華やかなデザインのお嬢様風の衣装がとても似合ってて、バリつけまの派手なメイクもあって、ベタな形容だけど「お人形さんのように可愛らしい」のに、まさかの潰しや男根切りを罪悪感も持たずにやってのける狂いっぷり…いや、狂っては(続

…狂ってるわけじゃないよね。あの環境だからあれで正気。真剣に望みを叶えるためであり大真面目なのだ。それが悲しく、愛おしい。(殺しまくってるけど)だけどあの最も残酷なシーン、ジルがマリーの言葉を遮るあの場面で客席から笑いが起きたのは「え?」と思った。いや、確かに「ひでー!」って(続

…なるのはわかるけど、ドッとウケるとこか?つーと違うんじゃね?みたいな。
ところでマリーが僕っ子なのはなんでだろう?いや、中の人的には全く違和感ないしいいんだけど、ジャンヌが実は両性具有だって知らないうちから「僕」なのにはどんな意味があるのかな?って。もう一回観たらわかる?(続

…そしてプレラティ。この物語でのトリックスターだけど、結局彼は何がしたかったのだろう?マジでジャンヌ復活させるつもりだったけどジルが目移りしちゃったんで見限っったとか? これももう一回観たら…?どうかな?脚本読んだけどやっぱわからなかったし、う~ん。(続

…2話目『快楽刑』。現代劇。マフィアのボスが自分を裏切った愛人を快楽処刑にかける…というシチュエーションでのそれぞれのキャラのそれぞれの筋の通し方がぶつかり合いもつれ合ってどうにも解きほぐせないカオスな状態に…なんだけど、昨日の「ウェスト夫妻」とは違い、コミカルな要素はあるけど(続

…決してドタバタギャグじゃあ無いし、想いのすれ違いや掟や面子やらで雁字搦めの中で足掻く人々の情念の物語として観てたんだけど、何故かこれも一部のお客にバカ受けでたびたび爆笑が…あれ?これって役者さん側から見てどっちが求めていた反応なんだろ?と自分の感性に自信を失ったりして。(続

…大森さんの昨日のジャンヌとは全く違う、けれど悲しいほど愚直に真っ直ぐな愛を貫き、それゆえに真逆の態度を取らざるを得ない切なさが痛いほど胸に迫る凄い演技に呆然としながら観ていたんだけど、いろんな感性の人がいるんだなあ…と。あ、でも根来さんのあれには笑っても仕方ないかもw(続

…3話目『バートリ・エルジェーベト・リバイバル』。有名な「血の伯爵夫人」ことエリザベート・バートリ(バートリ・エルジェーベト)の話。川添美和さんの妖艶な美しさ!さすが!…でも物語自体はあれ?と思うくらい巷間伝えられる通りのバートリ像をなぞってゆくばかり。メンゲレやジャンヌ、ジル・ド・レの様な意外性は無……くない!(続

…昨日のジャンヌの火刑の話同様、冒頭で描かれる政治的な企みと駆け引きは、一般的な伝説の裏を考察した説と近いし、伝説と明確に違う点が一点。だがその一点こそが、やっている事、犯した罪が伝説と同じでありながら全く違う意味と動機を与え、新たな視点をもたらした「呪い」だったと気付く。(続

…そしてその「呪い」のひと言で終わる見事な幕引き。負の予定調和。
…しかし最後のバートリの述懐のくだりでは驚いた。本当に瞬きしてないんだもん!役者さんって凄い!
…あ、この話でもまさかあの希望が断ち切られる悲惨なシーンで笑いが起こるとは…ほんとになんなん(´;ω;`) (続

…偏執狂=倒錯した異常者 の視点から語られる物語 というコンセプトで言えば、このバートリの物語が最もそれにふさわしいように思った。メンゲレの話では狂ってるのはむしろ周囲の人々だし。ウェスト夫妻は人格障害だけどパラノイアとは違う気がする。ジャンヌは信念の人だが偏執狂とまで言えるかは微妙(続

…ジル・ド・レの執着は偏執狂と言えるかもだけど、マリーはただ父の愛えた少女であって、あの環境だから殺害を罪と感じていなかっただけだと思うし、ある意味最もまともで感情移入できるキャラクターだったような。逆に快楽刑の面々はどのキャラも言動に筋は通っているし正気なのに共感はし辛いかな(続

…んでもってまた終演後のアフタートークには爆笑(これは普通に笑うとこでしょw)「余韻を破壊される」のが嫌だったのか?観ずに帰るお客さんもチラホラ。勿体無い。役者さんのトークじゃなくて役のキャラのままでのおバカな会話はサイテーで最高w で、本日のハイライトはやはりバートリが(続

…「最もその血を飲みたい理想的な美少女は?」に「はるかぜちゃん」と答えたとこだよね(>▽<) しかし実は1話目で この伏線があったという…。あ、やっぱりあのセリフそうだったんだ!

…さて、これで『黝』『赭』1回ずつ観たし、今日は両方ぶっ通しだからこれで2回ずつ。でも残念だけど私はこの前半3日のみでリタイヤ。ああ、もっと観たいなあ・゚・(ノД`)・゚・。

(3日目に続く)
  1. 2017/06/18(日) 20:06:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

偏執狂短編集Ⅲツイートまとめ(初日)

ブログで感想とか書く…と言っておきながら、いろいろあってめっちゃ遅くなっちゃって今更感が凄いけど、せっかく覚書とかいっぱい書きためてあったからなんとかまとめてみますね。
まずはTwitterでの発言、初日分から。

矢野健太郎? @yanoja 5月31日23:37
キタ~ク!Voyantroupe 第三回本公演『Paranoia pepars 偏執狂短編集III』初日『黝-AOGURO-の章』(長いわw)観劇してからご飯食べて帰ったらもうこんな時間。めっちゃ楽しんだけど疲れたー!__/、冫、)_バタンキュー

…事前情報の時点であれですもの。覚悟完了して観に行ったんだけど、「これは酷い(いい意味で)」とか「マジキチ(褒め言葉)」とか言いたくなる、素晴らしく狂った舞台でした。2話目までは。…が、3話目のヘビーさは凄まじかった。あの最後の呪いの絶叫がリアルとシンクロしてたまらなく辛かった。

…1話目『メンゲレとグレーゼで』、あの『ムカデ人間』のせいでヘンな方向にも有名なヨーゼフ・メンゲレと彼の実験をまさかのぶっ飛んだ新解釈でコミカルに、でも当然グロく描いて、時々クスッとなりながらもどんどん嫌な汗をかきつつ凝視してしまう。惜しげもなく晒される美しい肢体にもエロスよりタナトスを感じてしまい(続

…自分の脳味噌が冷えた状態で見ている感じだった。そう言えば、冒頭の氷点下実験のシーンから漂っていた冷気に、ラブクラフトの『冷気』のイメージが重なって(私だけ?)妙にホラーぽく感じたけどゾクゾクしたのは劇場内の冷房が強く効いてたせいか。あと、まさか先日ツイートしたばっかりの(続

…あのミュージカルのダークなパロディ見せられるとは思わなかった。それにしてもあの双子の…うう、これ以上言えない(´;ω;`)
そしてあの「未亡人」にも度肝を抜かれた。上品な大人の女性の立居振舞、瞳に宿した狂気、唇に貼り付いた邪悪な笑み、思わず迸った喪失の悲しみと怒りの激情…と(続

…あんたほんまに16歳か!と中の人にツッコミ入れたくなるくらいの見事な存在感とキャラ立ち!毎度驚かせてくれます。はるかぜちゃん。ただ、メインの芝居が進行中に舞台の中央や端でじっと静止している場面が多くて、あれは普通に芝居するより体力的にキツイんじゃなかろうかと心配になったり。(続


…2話目『ウェスト夫妻の偏り尽くした愛情』は重苦しい1話とは打って変わって現代日本のニュータウンが舞台。引っ越してきた新婚夫婦の歓迎パーティーが阿鼻叫喚の地獄と化すサイコなスラップスティック(スプラッター…にはならなかった~血しぶき的に~のが残念)ギャグ。ところで最初と最後だけ出てきたラテンなダンサーは何者w(続

…去年のマーメイドブーツでの凛々しい姿がウソのように、ブータレたりはっちゃけたり振幅の激しいサイコな薔薇絵さんを楽しそうに演じてた川添美和さん、明日の『赭』でのバートリ役はどんななんだろう。ワクワク。(続


…そして問題の3話目『ジャンヌダルク異端審問裁判』。処刑前、囚われの身のジャンヌ・ダルクの異端審問の日々の物語…というだけならさほどの目新しさは無い。実はあんなことやこんなことをされてた…てのもポルノ的にはありがちな展開。彼女を生贄にすることで手打ちを図った英仏の政治的駆け引き…という視点もそれだけなら(続

…歴史で普通に解説されている…が、その政治力学を、そして聖なる戦いの裏にあった汚れた真実を突きつけられ心身ともに壊されてゆくジャンヌが最後にたどり着いた境地は…。こんなのは見たこと無かった。見たくなかった。でも見てよかった。相反する思いが渦巻き未だに沈静化しない。凄い。(続

…ジャンヌ役の大森さつきさん、見てるうちにどんどん本当のフランス人に見えてきたんだけどジャンヌが憑依してた!? ボーペル役の平良和義さん、この前見た『死なないじゃん!』のタイラーの人だと楽しみにしてたら期待を上回る怪演、もうヤバすぎ独壇場。でも終盤で見せ…おっとネタバレ禁止(続

…んでもって、終演後のアフタートーク「作品の世界観を破壊する恐れがございますので」的な注意があった通りヒドかったw(褒め言葉)特に最後のジル・ド・レ田口真太郎さんの出オチ感がヒドい。アドリブ効かなくて単調な繰り返しになっちゃったみたいだけど逆にあれで全部持ってかれて大団円w(続

…ジル・ド・レと言えば、ジャンヌとはあんなことになっちゃったから、あのあと人格歪んで次の第1話『ジル・ド・レと黒魔術』になるのだろうけど、役者さん違うんだよね。切り離して別な世界線で見るようにってことなのかな?『赭-SOHO-の章』もとても楽しみ!

…さて、31日は大阪ではミュージカル『王家の紋章』大千穐楽だったわけで、そちらのネタバレ解禁後の感想も書きたいとこだけど、さすがにそろそろ寝ないとヤバいので、また近日中にってことで~。(⌒0⌒)/~~

(2日目に続く)
  1. 2017/06/18(日) 18:56:09|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついったー

プロフィール

やのけん

Author:やのけん
ようこそ!
漫画家やってます。
詳しくは本人公式HP
ARMPIT CARE
で。…と、言いたいとこですが、あっちはずっと放置の上、更新の仕方がわかんなくなってますんで、近いうちになんとかしたいと思いますが…(T_T)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

アフィリとかいろいろ

FC2動画 無料・レンタル・掲示板

FC2カウンター