矢野健太郎のたわごとblog

漫画家、矢野健太郎のなんか書いてみるblog。主に雑記とか雑記とか雑記とか。だいたいそんな感じ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しかしゲッサンの編集さん、キャプション上手すぎ(´;ω;`)

こんな…体中を使って漫画を読む人は、初めて見たわ…(byきっちゃん)

…同意。そして呆然。

まさか自分の30年も前のデビュー作を、今になってここまでチカラいっぱい分析され、解説され、雑誌に掲載され全国的に晒される事になろうとは思っても見なかった。

…はい、アレです。
今月発売のゲッサン10月号島本和彦先生の『アオイホノオ』第41章の件です。
http://gekkansunday.net/top.html
矢野健太郎のデビュー作『強化戦士アームピット』を読んだ時の島本先生の思いのたけをぶつけてくれたのだそうです。

これこの通り
CIMG0276.jpg

え~、あえて突っ込みませんが、お役に立てたようでなによりです。

…で、内容ですが

予想のはるかナナメ上でした。(◎_◎)

てっきり先月号の最後でホノオくんが悔しさのあまり叫びまくってるシーンで終わったのかと思いきや、
あの時代の漫画界に起きていたパラダイムシフトの中で、名だたる先生方の足跡のあとに残された最後のフロンティアという、とんでもなく重要な位置付けで、たかが新人の受賞作品(青年漫画大賞準入選)を持って来るとは。

畏れ多すぎてどうリアクション取ればいいか分かりません。┏(゚ロ゚;)┛

「この本が…このゲッサンが-全く売れなくって誰の目にもこの作品がとまらなければいいのに」みたいな(汗)

とりあえずこれをもって『アオイホノオ』中での矢野健太郎の出番は終了のようで、黒歴史を暴露されるのもここまでと胸をなでおろしてます。

心残りは、物語がここまで来る前に、現実世界での「矢野健太郎って誰?」状態を覆すのが間に合わなかったことですな。
このタイミングで私が第一線に返り咲いていればシンクロ率100%だったのに。

まぁ、自分は自分のペースでやれる事をやるだけなんで、これからもいろいろ頑張る所存。
「私にどこまでできるかデーターは取っておいてください」byシャリア・ブル
(何故ここでシャリア・ブルかは最終ページのキャプションで判明する!たぶん)


…それにしても、この回の『アオイホノオ』を読んだ後で『風の戦士ダン』を読み返すと改めていろいろ発見がありそう。
(だが『ネコじゃ』連載当時の私が『ダン』を読みながらどれだけ「これがやりたかった」と悔しがっていたか、高笑いする島本和彦を脳裏に浮かべ、のた打ち回っていたか知る由も無かったであろう)
__
スポンサーサイト
  1. 2011/09/14(水) 14:38:29|
  2. アオイホノオ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

ついったー

プロフィール

やのけん

Author:やのけん
ようこそ!
漫画家やってます。
詳しくは本人公式HP
ARMPIT CARE
で。…と、言いたいとこですが、あっちはずっと放置の上、更新の仕方がわかんなくなってますんで、近いうちになんとかしたいと思いますが…(T_T)

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

アフィリとかいろいろ

FC2動画 無料・レンタル・掲示板

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。