矢野健太郎のたわごとblog

漫画家、矢野健太郎のなんか書いてみるblog。主に雑記とか雑記とか雑記とか。だいたいそんな感じ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラジオとネットと電ホビのカット

今日(1月25日)発売の電撃ホビーマガジン3月号(アスキー・メディアワークス刊)でちょこっとカットを描かせてもらいました。

先月から始まった連載コラム「きかせられないラジオ」のカラーカットです。

この連載の元は長崎放送のラジオ番組でして、コラムを書かれてるのは番組パーソナリティの一人、村山仁志さん(NBCの美声アナウンサーであり、ライトノベル作家の三井雷太先生でもあるすごい人)
番組の詳細はこのリンク先を見ていただいて、実際にポッドキャストで聞いてもらえればすべてわかります。以上!

NBC長崎放送「きかせられないラジオ」HP
http://www.nbc-nagasaki.co.jp/radio/kikaserarenai/

 ・
 ・
 ・

いや、なんぼなんでも投げやりすぎですね。もうちょい説明しましょう。

そもそものきっかけは、三国伝つながりで知り合ってツイッター上でも仲良くしていただいている、ときた洸一先生が、この番組にゲスト出演されたこと。(2010年9月18日オンエアの「ダブルオー劇場版公開 勝手に応援スペシャル!漫画家ときた洸一さんにあれこれ聞いちゃおう」の回)

昔なら電波の入らない局の放送なんて聴けるはずもなく、知ってる人が出るって聞いても「へえ、そうなんだ」でおしまい。
せいぜい「録音してたらこんど聴かせて」くらいだったでしょうが、
ネット時代てぇのはすごいモンで、
ポッドキャスト配信もやってるこの番組、世界中どこにいてもネットに繋がりゃ聞けるってぇ寸法。

そういうことなら聴かなきゃバチが当たるってぇモンだ。いっちょ聴かせてもらおうかい。
なにィ?きかせられないラジオだってェ?そりゃいったいどういう了見でい…





…すみません。軌道修正します。

とにかく、その時に初めて聴いたわけですよ。そしたら…なんとゆーかまあ、めっちゃ面白くて私の好みドンピシャ(死語)で、たちどころにハマってしまったんですわ。
またご丁寧にこの番組、HPに初回放送分(2009年4月11日OA「ああっガンプラ…」 )からすべてのアーカイブが置いてあるもんだから、過去の放送も聴きまくり、本放送(の30分遅れで配信されるポッドキャスト)も毎週かかさず聴くという立派な「きかラジメイト」になった私なのでした。

昔ならここで番組に葉書を…とかいう話になるところ(ああ、懐かしの「谷山浩子のオールナイトニッポン」!)
ところが、さらにまたネット時代てぇのはすごいもんで
ツイッター上で感想つぶやいたりしてたら、たちまち番組のアカウントからフォローされ、ほかのリスナーさんたち(漫画家ほか業界人も多数)とも数珠繋がりでツイートを交わし、いつしか番組パーソナリティのお二人ともおしゃべりしまくる仲に。
なにこのボーダーレス感!?

特に村山さんとはガンプラから武装神姫まで趣味の話題でたびたびお相手していただき、また、私が三井先生(=村山氏)の小説(「パラダイスロスト」学研メガミ文庫)を読んで、勢いでイメージラフ描いてアップしちゃったり、それを三井先生がご自身のブログで紹介されたり( http://ameblo.jp/mitsui-raita/entry-10718570162.html 三井雷太のブログ 2010年11月26日)…と、今回のコラボ(?)に至る伏線は着々と張られていたのでした。ツイッターすげえ。

…で、いろいろあって連載2回目のカットを依頼されまして、二つ返事で引き受けた次第なのですが、
1回目を描かれた ときた先生のカットの出来がめっちゃ凄くてプレッシャーが半端無い。
これって三国伝(英雄激突編)始めた時と一緒じゃね?(^_^;) 縁って面白いなあ。

てなわけでかなり気合入れて描いたので是非見て下さいね。

さて、この連載コラム、毎回カットの描き手が変わるわけですが、次の回を誰が描いたか発売まで内緒という暗黙の了解がありまして、ときどきそっち系の話題があっても今日まで私は知らんぷりして、ツイッターにもこの件に関しては何も書き込まずにいたのです。

ところが先日!ときた先生が村山さんに「2回目のカットのアレはどうしてアレをチョイスしたの?」みたいな話を振ってるじゃありませんか。
で、村山さんてば「**のこだわりです」みたいな無茶苦茶を答えるもんだから、見ていたこっちは大赤面!
発売直前のタイミングだというのに思わず釣られそうになりましたよ。

kumaa.jpg

しかしうっかり話に加わると発売前にネタバレしかねないので必死で思いとどまったのでした。
お願いですから「**」はやめて下さいヽ(;▽;)ノ

そうそう!3回目のカットがまた凄い人なんですよ!なんとあの(以下自粛)

ところで何故このベアッガイがこういう処理になったかはコラムと深い関係が。
kumaggai.jpg
コラムを読めばわかりますので、是非読んでください。

ちなみに電撃ホビーマガジンの正しい省略形は電ホビっていうらしいですよ。(俺ずっと電ホって呼んでた)
_
スポンサーサイト
  1. 2011/01/25(火) 17:33:16|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また携帯Hコミックのお知らせ

すでにこの前ツイッターでつぶやいた事のまとめになりますが、こっちでも告知

以前、辰巳出版の「COMICバズーカ」に描いた短編エロコメ5本が携帯コミックサイト GO★BOOKS にて1月14日より配信開始されました。
配信に当たって付けられた総合タイトルは「おっぱい御殿」(◎_◎)ええ!?何それ聞いてない(>_<)
 …いや、載った本が本だけに間違っちゃいないんだけど、営業的に上手いタイトルだとも思うけど、事前に一言伝えてくれても良いんじゃなイカ?(各話ごとのタイトルは掲載時のままでしたが)

サムネイル絵(単行本ならカバー絵に相当)も、中身から抜き出されたモノクロ絵に他の人による着色(これは聞いていた)なんですが、これも一応、配信前に見せてくれても…と。(どうも出版業界とは慣習が違う事が多くて戸惑いますな。)
ところが、いざ見てみたら上手いんだわ!
いかにも今風のポップな塗りで、悔しいけど俺が自分で塗るより全然売れそう。

以前、別のとこで出たある作品のサムネ絵がかなりアレで「え?なんでこのカット使ったの?しかもこの塗りってアリ?こんなんだったら自分で塗るのに!いや、そもそもなんで単行本のカバー使ってくれなかったの?」とか思った経験がありまして、おまかせ着彩にはあまり期待していなかったのですよ。

ところが今回は逆に、このカラー絵に惹かれて読む読者さんに申し訳なくなる出来。俺の古臭い絵がけっこう今っぽい絵に錯覚させられます。ほんと、色の塗り方ひとつで絵って全然違って見えるもんだなあ。
ここでお見せできないのが残念です。携帯の画面で是非見て下さい。(見るだけならタダですし)

…で、とりあえずDLしてみました。ちゃんと会員になって自腹で購入してw
ざっと見た感じですが中身の演出とか処理も丁寧な仕事してくれてますね。かなりイイ感じ。フツーにお勧めできます。
らぶイチャ系爆乳エロがお好きな方はどうぞサンプルをDLの上、よろしければお買い求めを<(_ _)>
もちろん、良い子のみんなはDLしちゃダメだぞ
gobooks_QR_Code.jpg

ちなみにこれは当時(2006年)自分で塗った「バズーカ」表紙用カット
バズーカ
進歩してねー(>_<)
_

  1. 2011/01/17(月) 11:23:20|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついったー

プロフィール

やのけん

Author:やのけん
ようこそ!
漫画家やってます。
詳しくは本人公式HP
ARMPIT CARE
で。…と、言いたいとこですが、あっちはずっと放置の上、更新の仕方がわかんなくなってますんで、近いうちになんとかしたいと思いますが…(T_T)

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

アフィリとかいろいろ

FC2動画 無料・レンタル・掲示板

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。