矢野健太郎のたわごとblog

漫画家、矢野健太郎のなんか書いてみるblog。主に雑記とか雑記とか雑記とか。だいたいそんな感じ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

間違い探しはいかがッスかあ~

ついに「BB戦士三国伝英雄激突編」単行本第1巻が発売されました!
comics_1.jpg
なんか、出版社が違うのに風雲豪傑編と似てるのは気のせいです。たぶん(^_^;)

以前にも少しお伝えしましたが、単行本化にあたり、雑誌掲載時とは絵もセリフもだいぶ変わっております。
ちょっとだけ加筆もしました。ディレクターズカットつーか、あれ?俺ディレクター…なのか?
この作品の場合、誰がどの立場なんだか良くわからないんですけど。

とりあえず、本誌では泣く泣く削った船出のシーンが復活して大満足。これでやっと関平ちゃんのキャラが立ったよ!
孔明の過去回想はさすがに無理だったので見送り。でも、爆凰機の合体は描き直したよ。
演出上の理由でコマの差し替えとかエフェクトの変更なんかもちょこちょこと。
トーン落ち修正や線の本数変更といった、間違い探しレベルでの絵の修正まで含めると相違箇所は3桁行くかも知れません。
ヒマな人はケロケロ本誌と見比べて数えてみて下さい。
正解の方には……
別に何もありません。てゆーか、自分でも数えてないからわからないし。

ただ…間違いといえば、この前大丈夫と太鼓判を押したにも拘らず誤植がありました。
よりによって船出のシーン、関羽が「荊州」行きに乗っちゃダメじゃん!「豫州」だろうが(泣)。
チェック漏れです、ごめんなさい。ホント誤植との戦いは地獄だぜぇフゥハハハー

あと、私の管轄外ですが、英雄列伝(キャラクターファイル)にもミス発見。
雑誌連載漫画の第一部は「SDガンダム三国伝風雲豪傑編」であって「BB戦士三国伝風雲豪傑編」ではありません。
(プラモはどちらもBB戦士)
それと周瑜ヒャクシキの設定画が旧バージョンの画稿でした。残念。

さらに蛇足
おまけカードを剥がそうとすると本が破れる事が多いようです。
カードを取り出す時はカードの袋の端をカッターで切って中身だけを出し、
袋自体は無理に剥がさずに本に張り付いたままにしておく方が安全かも。



追記
あとがきマンガの例の企画がらみで
gundam4wd.jpg
やっぱいろいろと間違ってるけど気にしない。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/25(木) 20:42:53|
  2. 三国伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

さすが香港だハンパないぜ!

さて、いよいよBB戦士三国伝英雄激突編の単行本1巻発売が近付いて来ましたが、みなさん、ご購入の準備はお済みでしょうか?
…と、まぁミもフタもない宣伝はさておき、
先日、まだ国内で発売前だというのにもう海外での単行本の翻訳出版の契約書とか書かされました。
台湾、香港、マカオなどで販売されるみたいです。
この三国伝というコンテンツ、日本のみならず海外…主にアジアで大人気なのはご存知の方も多いかと思います。
おかげで漫画の方もケロケロに載った端から翻訳されてあちらの雑誌でも連載してるわけです。
hikaku01.jpg
左が香港のCOCO!、右が台湾の快楽快楽。もちろん正規にライセンス契約されています。
表紙のアオリから推察すると、ときた先生の風雲豪傑編からひき続いて同じ本に連載してるっぽいですね。
hikaku02.jpg
微妙に間違い探し風味ですが、同じ中国語と言っても香港は広東語、台湾は北京語ですから、良く見るとかなりいろいろと違ってます。
hikaku03.jpg
最大の相違はガンダムの事を香港では「高達」台湾では「鋼彈」と表記している事。
これはアニメもプラモもすべてのガンダム関係でそうなっていますから、三国伝も例外ではありません。
hikaku04.jpg
叫び声も違いますね。「豪傑」と「男子漢」は翻訳上の解釈の違いかも知れませんがよくわかりません。

…さて、漫画はこんな感じで、プラモ主体のカラー記事なんかもケロケロと同じように載っているんですが、が、が!
mant.jpg
何だと思います?これ!
COCO!の付録でBB戦士に着せるマントですよ!しかも材質は紙じゃなくて軟質プラみたいです。
他にも軍旗や竹簡(G記)とかもあるようですね。
すごいですね。香港のお友達が羨ましいですね。



なんで付録も一緒に送ってくれないんだよぉぉ(泣)

この雑誌、ケロケロ同様に毎号付録付きで、時々三国伝グッズも付けてるようなんですが、
ペン立てとかファイルとかはともかく、こういうプラモのグレードアップパーツは販促…いや、反則でしょう!
欲しくてのたうち回りましたよマジで!

sticker.jpg
最近の号ではこんなのも。表情シール。
あんまり羨ましがらせると張遼が来るぞ!遼来々!遼来々!
chaos03.jpg
…相変わらずなんかいろいろと間違ってます。
  1. 2008/09/21(日) 03:23:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

誤植とともにあり!

子供の頃、あるヒーローの必殺技の名称について友達とモメた事がありました。
友達が濁音で発音するところを私は半濁音だと覚えていたからです。
あいにくそのヒーロー自身は技名を叫んでくれなかったため、番組はソースたりえず、
それぞれが証拠としてそのヒーローの載っている雑誌や絵本を持ち寄って検証することに。
すると私の持っていた雑誌のみが半濁音で表記しており、その他の文献はすべて濁音表記だった事がわかりました。

けっきょく多数決で濁音が正しいということで決着したのですが、
印刷物が間違っている事があるという事実には子供心に相当なショックを覚えました。

それが”誤植”とか”ミスプリント”と言うもので、
多くの場合、手書きの原稿を印刷物用の活字にする作業の途中で人為ミスによって起こる

…という事を知ったのは小学校高学年になってからでした。
(さらに、意図的に原文を変えてしまう”改竄”という行為を知ったのは中学生になってからでしたが)

さて、長ずるに及んで漫画家を志した私は、ある雑誌の漫画賞に応募した作品が準入選に入り、雑誌掲載が決まった時、天にも昇る心地で掲載誌の発売を待ちました。
初めて商業誌のページの上に見出した、はっきりと印刷された名前!

矢野健太郎




…だれ?

自分、ペンネームは 矢野「」太郎 なんですけど?
」だと有名な数学者の先生になっちゃうんですけど?

担当編集者は「」で処理したと言います。
印刷されるまでのどこかの段階で誰かが勘違いして、ミスを直したつもりで逆にミスをしたのでは?
そういう話でした。
ただ、だれの責任だったにせよ、すでに本は出ているわけで
「まぁ、どっちでも大した違いじゃないし、”健”で行けばいいじゃん」と軽くあしらわれ、
漫画家、矢野健太郎はデビューしちゃったわけです。

始まりがこれですから、その後の長きに渡って数限りない誤植に見舞われたのも当然かも知れません。
私の手書き文字の汚さ、解読し辛さがその原因の大半を占めた事は否めません。
しかし、負けず劣らず悪筆な編集者もけっこういらっしゃいまして、わざわざ指定された文字のせいで誤植を増やして下さったりした事も。
時には、普通に「釈迦に説法」と書いたのに何故か「釈迦に説教」に変わってたりするなど、
どう解釈すればいいのか悩む間違いもありました。

で、困ったことにほとんどの場合、原稿を渡した時点で漫画家の手を離れてしまうので、
掲載誌を見て誤植に気付いても後の祭りなわけです。

修正のチャンスは単行本になる時のみ。雑誌と違って著者校正があったりするので、
そこで気付けばなんとかなるのです。
が、それでも稀にこちらがチェックしたあとでさらに書き換えられてしまったりといった事故も。
さすがに不可抗力ですがいい気分ではありません。
ただ、今までほとんどの仕事が青年誌でしたから、ミスプリをミスプリとわかる大人の読者が相手だったわけで、
最悪でも「この作者、間違えてら。バ~カ」と誤解されるだけの話でした。

ところが三国伝は…
そう、誤植なんて知らないお子様がメインターゲットなわけです。

私の漫画を読んで誤植のせいで間違って覚えてしまい、友達にからかわれる子供が出てはまずいわけです。
昨年の12月。初めての児童誌掲載にいつにも増して緊張して開いたケロケロエースで見たものは…

鬼牙百撃(きが ひゃくれつげき)




あのぉ… 関羽の必殺技は 鬼牙百撃(オーガひゃくれつげき)ですよぉ…

もしか呪われてますか?必殺技の呪いですか、とか思ったら…

冀州は(きしゅう)であって(えんしゅう)じゃないですよぉ…

第1話だけではありませんでした。

えきけいろう じゃなくて えききょうろう
顔良と文醜のテロップ逆だよぉ
蒼紋猛瀑布はじゃなくてだよぉ
鋼の闘将と隼の猛将じゃなくて鋼の猛将と隼の闘将ですって
いや、おーがでもなくオーガですから

趙雲のモノローグがひとコマまるまる落ちてたり、
「稀代の聖将軍 孔明」なんてわかりやすい大チョンボもありました。

…確かに三国伝は異常に漢字が多いですからミスが起こり易いと思います。
多くの人が関わるため、最終的に誌面に載る原稿の前にいくつものバージョンの
シナリオと絵コンテが存在するのも一因かも知れません。
でも、そんな事情は読者には関係のないこと。
いったいどれだけのお子さんが間違いを覚えてしまったことか、考えると胸が痛みます。

しかし、ご安心ください皆さん。単行本は大丈夫です。
岸本さん、私、編集さん、それぞれがチェックして間違いは完全に排除しました。
青焼きの時点で残り2箇所まで追い詰めました。

最終的に文字回りに関しては完璧なはずです。
何かの間違いで旧バージョンのデータが紛れ込んだりしない限り…。

とは言え、本誌の方では今月も凡ミスがあって歯痒く思いながらも第10話の作業をしていたところ、
岸本さんからネームのチェックが帰って来たんですが…

25P 1コマ目 孫尚香
「**へ責めこんだのよ」 -> 「**へ攻めこんだのよ!」

(゚Д゚)

誤植以前の問題です。責めちゃマズいって>俺
ojousama.jpg
  1. 2008/09/06(土) 05:55:01|
  2. 三国伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ついったー

プロフィール

やのけん

Author:やのけん
ようこそ!
漫画家やってます。
詳しくは本人公式HP
ARMPIT CARE
で。…と、言いたいとこですが、あっちはずっと放置の上、更新の仕方がわかんなくなってますんで、近いうちになんとかしたいと思いますが…(T_T)

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

アフィリとかいろいろ

FC2動画 無料・レンタル・掲示板

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。